「認知症介護基礎研修」義務化について
2021.03.24掲載
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
お役立ち情報

 

「認知症介護基礎研修」の受講を義務化

2021年度4月より訪問系、居宅介護支援及び福祉用具貸与(販売)を除く

全ての介護サービス事業者について、

医療・福祉関係の資格を有さない無資格の介護職員に対して、

認知症介護基礎研修を受講させることが義務化されました。

 

 

「認知症介護基礎研修」とは

認知症の人の理解、対応の基本、ケアの留意点などを学習する内容です。

講義と演習で合計6時間(1日)のカリキュラムとなっております。

終了試験などは無く、しっかり受講して頂ければ終了となる研修です。

現在、厚生労働省は受講者の負担を減らすため、

研修のeラーニング化を進めておりますので

今後研修が受けやすくなることが予想されます。

 

 

無資格だと働けなくなってしまうの?

研修を受けていない方が今すぐ働けなくなってしまう、ということは

ありませんのでご安心ください。

3年間の経過期間が設けられており、

2024年度までに研修を受けることが出来れば問題ありません。

またこの規定は「事業主」に対して義務付けられますので、

無資格の介護職員へ直接的に義務を課すものではありません。

 

 

認知症介護研修のステップアップについて

認知症介護研修は、基礎研修から指導者育成研修まで4段階あり、

ステップアップができるようになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

現在、介護に関連する資格を持たずに働いている人は

全体の6~7%という結果が報告されております。

今回の「認知症介護基礎研修」の受講を義務化することで、

今後の介護サービスの質の向上につながると考えております。

また、働く方にとっても知識を深めておくことで、

ストレスが緩和でき介護がしやすくなることが期待できます。